竹垣は、古くから庭園などで目隠しや仕切りの目的で使用されてきました。単なる「柵」としてではなく、庭園の景として美的で繊細な造形に高め、空間全体を引き立てます。
 最近では、都会のビルのちょっとした空間やインテリアとして室内にも使用されることが多くなってきました。竹垣は自然と心が和む空間を味わい深く、作り出してくれます。

竹垣の分類と紹介

 
竹垣の持つ風情は、ニュアンスや捉え方、使用・設置方法によって様々に変化します。その名称も慣用的に付けられたものが多く、時代背景によって変化したものも少なくありません。そのため分類することは大変困難です。
 代表的なものを使用目的別に分類してご紹介しています。皆様の竹垣選びの参考にして下さい。

製品カタログをPDFでダウンロードできます。(18.4MB) >>ダウンロード
その他、建築資材、店舗内装品につきましてもお気軽にご相談ください。「お問い合わせフォーム」「見積のご依頼フォーム」をご利用ください。